お金を借りる

消費者金融で借りるか、銀行カードローンで借りるか?

銀行カードローンはダメ?消費者金融がオススメつの理由!

1.即日融資で借りられない銀行カードローンがほとんど

2.銀行は毎月の最低返済額が高額に設定されている場合が

3.低金利審査が厳しく年収500万円を求められる場合も

4.収入証明書の提出を求められる

このようにデメリットばかり並べてしまいましたが、必ずしも銀行カードローンがダメというわけではありません。

口座開設の必要も無く最低返済額が低くお金をを借りられる銀行カードローンもありますし、年収500万を求められるのは一部の低金利プランです。

銀行カードローンは安心だからと、知らずに申し込むと『今すぐお金を借りられなくて失敗した・・』という声を聴くことも少なくはありません。

必ず消費者金融と銀行カードローンのメリット・デメリットの両方をよく理解した上で申し込むようにしましょう。

申し込みランキングTOP3からお金を借りる

2018-2-13更新しました!

審査時間は最短30分で来店不要!24時間365日Webからの申し込みが可能なアコム。はじめての借り入れなら最大30日間金利は円&最短即日融資・即日振込も可能なのでお急ぎでお金を借りたい方にもピッタリ。申し込みランキングNo1&利用者満足度が高い(※当社調べ)のでオススメです。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

プロミスで借り入れするポイントはフル入力で申し込みを完了すれば電話確認無し&郵送物無しで申し込み契約が完了するところです。さらにカードレスでWeb取引も可能なので財布に煩わしいカードを収めて置く必要もなく、とにかく借り入れしていることを家族にバレたくないという方にオススメです。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

消費者金融のアイフルは事前に借り入れが可能か1秒で診断出来る『1秒診断』が特徴です。年齢や雇用形態・年収と他社借り入れ額を入力して診断するだけで簡単な診断結果が出てきます。他社借り入れを含めて100万円以下の方(限度額が50万円を超えて、他社の借り入れ額を含めて100万円を超えた場合は必要)は収入証明書が不要なのも大変借り入れがしやすいですね。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

ランキングの集計方式はこちら

急な出費でも安心!?今日お金を借りたいなら『即日融資』が利用可能

申し込んだその日のうちに融資を受けることができるサービスを『即日融資』といいます。

お付き合いなどで急にお金が必要になった時に持ち合わせがない場合でも、お金を用意することができる手段として現在では多くの人が利用しています。

 

24時間コンビニのATMなどで借り入れを行なうことができるのも大変便利ですね。

申し込み・契約が済んでいなければ借りることは出来ない

まず利用する為には融資を行っている金融機関のカードを発行してもらう必要があり、カードの発行には審査が伴います。

 

審査に通過することで金額(利用限度額)や金利、返済日などが決定されてはじめてカードが発行されるのです。

即日融資でオススメの申し込み方法は?

即日融資を受ける為の申し込み方法としては店頭窓口、電話、無人契約機、インターネットなどがあるのですが、この中で実際の融資までにかかる時間や手間がかからないのがインターネットでの申し込みとなります。

 

審査によってはその日に受け取ることが出来ない場合もあるのですが、だいたい午後14時までに申し込むことでその日に融資を受けることができる金融機関が多くなっています。

急いで借りるくらいなら、あらかじめ契約は済ませておこう

融資を受けるには申し込み、審査、契約といった流れを踏む必要があるので、それなりに時間がかかってしまいます。つまり急な出費でキャッシングを利用する為にはあらかじめカードを作っておかなければなりません。

 

とは言っても急な出費がいつ起こるのか予測出来ないこともあるので、実際にすぐにお金が必要になって困ってしまった人も少なくはないでしょう。

 

そこで最近増えている即日融資でお金が借りられるサービスをランキングでご紹介します。

▼ とにかく即日融資でお金を借りたい!急ぎで借りるカードローン社はここだ!▼

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

 

実は、即日融資でお金を貸してもらえないこともある?

その日のうちにお金を借りることができるサービスを提供しているからと言って必ずしも融資を受けることができるとは限りません。

 

キャッシングサービスを提供している金融機関の中で銀行が直接提供しているものであれば基本的には営業時間外や土日祝日には審査を受けることができませんし、土日にある程度柔軟に対応している消費者金融でも銀行振込でその日のうちに融資を受ける場合には金融機関の営業時間や休業日が関係してしまいます。

 

また審査には必ずと言っていいほど職場への在籍確認があるので、会社の営業時間や休業日などによっては審査がスムーズに進まない可能性もあるのです。

 

その日のうちに融資を受ける場合には、平日の9時から遅くても昼の14時ぐらいまでに申し込むことが必要になります。

 

インターネット申し込みであれば空いた時間などにスマートフォンや携帯電話から申し込むことができるので今日借りることを目的にするのであればできるだけ早い時間帯に申し込みを終わらせてしまいましょう。

 

例外として『プロミス』は、14時を過ぎてもネットで申込み、審査通過後に自動契約機に行けば、当日中に借りられるというのもポイントの1つです。

 

当日中にお金を借りる際に注意したい条件やポイントとは?

当日中にお金を借りることを目的にするのであれば、まずはそういったサービスを提供する消費者金融・銀行カードローンのどちらかを選ぶ必要があります。

 

中には案内などで申し込んだその日に融資を受けることができるとしている金融機関も多くあるのですが、蓋を開けてみるとその日のうちに融資を受けることが出来なかったといったトラブルが特に銀行系のカードローンには多くあります。

 

銀行系のカードローンで即日融資を受けられる条件の多くに『銀行の口座が開設してあること』と記載があることに注意をしておきたい。

 

有名な銀行カードローンで言うと、『みずほ銀行カードローン』や『オリックス銀行カードローン』や『ジャパンネット銀行ネットキャッシング』などがこれにあたります。

 

銀行カードローンにと比較して審査のスピードの速さについては消費者金融が秀でているので、どうしても当日中に!という方は消費者金融系カードローンでお金を借りるのがオススメです。

 

▼ 当日借りられる消費者金融のカードローン社!▼

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

 

その他のお金を借りる方法とは!?

お金を借りるなら、消費者金融や銀行カードローン以外にも多くの方法があります。

ここではいくつかのお金を借りる手段をご紹介したいと思います。

クレジットカードでお金を借りる

お手持ちのクレジットカードには「キャッシング枠」というものが付いていることがほとんどです。

そのクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、コンビニ・銀行ATMなど身近なところですぐにお金を借りられる可能性が高いです。

もしクレジットカードを持っているならば、カード会社にキャッシングが可能か一度確認してみると良いでしょう。

注意点としては、金利が非常に高いことです。18%の最大金利で借り入れを行う必要があることも多いので、場合によっては消費者金融で借りてしまった方が安いということも少なくありません。

銀行のローンでお金を借りる

銀行カードローンとの違いは、銀行の通常ローンは目的別ローンと言い目的に合わせてローンを組むことが出来るということです。

例えば、マイカーローン・リフォームローン・教育ローン・ブライダルローン・トラベルローンなど銀行によってさまざまな目的別ローンを打ち出していることがあります。

注意点としては審査に時間がかかることと、目的に合わない場合は借入ができない可能性があるということです。

しかし、非常に低金利で借り入れできるのも魅力の1つなので時間に余裕のある方にはオススメです。

国からお金を借りたいなら「生活福祉資金貸付制度」を利用する

生活福祉資金貸付制度とは、失業などで生活に困った人に向けた国の貸付・貸し出し制度です。

・生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯
・障がい者手帳を持っている障がい者世帯
・仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯

などが対象として当てはまりますが、年金・失業保険を受給していたり生活保護を受けている場合は借入できない可能性が高いです。

また、国の貸付制度はどこも審査基準が非常に厳しいことから、余程生活が苦しい状況でない限り審査に通ることも無いと考えられます。

借り入れ金に対しての金利については非常に低く、連帯保証人が付く場合は「無利子」付かない場合でも「1.5%」と銀行では考えられないような金利で借り入れが可能です。

親・親族からお金を借りる

親・親族からお金を借りれるのであれば、もちろんこれが一番おすすめです。特に高校生や学生などはこの方法しかないという場合も少なくはないのではないでしょうか

また使い道などを申告しないといけないでしょうから、あまりおかしなことに使うとは言うこともできないでしょう。

金利についても付けてくるということはほとんど無く、返したときに何かお礼程度は必要なのではないかなと思います。

高額になってくるとトラブルの原因にもなり兼ねませんので、簡単な理由であれば数十万程度にとどめておくのが理想です。

サラ金でお金を借りる

サラ金=現在の消費者金融のことです。昔はサラリーマン金融と呼ばれていて、街金などども呼ばれていました。

昔のサラ金のイメージというと、取り立てが怖いとか悪いイメージが多かっったですが、

現在の消費者金融は銀行との業務提携や総量規制による無理な貸付が低減されており、非常に利用しやすくなったのではないでしょうか。

 

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

 

社会福祉協議会で緊急小口融資が受けられる!?

社会福祉協会とは、各都道府県ごとに設けられた地域福祉の推進を目的とした民間大体のことです。

 

その団体が低所得世帯に対し「生活福祉資金貸付制度」という低金利・もしくは条件によっては無利息で1万円~最大580万円までの限度額で貸し付けを行っています。

 

しかし誰でも利用できるわけではなく、ある一定の収入基準や条件、審査があります。

 

審査を受ける上で大前提として、返済の見込みがあることが絶対条件となり、世帯人数に対しての月間平均所得が下回っている場合に融資審査の対象となります。

世帯人数月間平均所得
1人19万1千円
2人27万2千円
3人33万5千円
4人38万5千円
5人42万5千円

また、融資金額や利用用途、連帯保証人の有無により年利が変わります。

 

●10万円までの小口融資⇒無利息

●教育支援資金⇒無利息

●10万円以上の融資で連帯保証人が要る場合⇒無利息

●10万円以上の融資で連帯保証人がいない場合⇒年利1.5%

●不動産を担保にした生活資金の融資⇒上限年利3.0%

 

生活福祉資金貸付制度は融資理由ごとに大きく3つに分類されます。

分類名融資目的一例該当例融資額一例
総合支援資金衣食住を確保するための生活費無収入・もしくは低所得で家賃が払えない・食事がまともに取れていない月15万円~20万円程度
福祉資金一時的に必要な生活費出産・入院・ケガなどに掛かる医療費医療費の実費もしくは一部
教育支援資金高校~大学に通うための学費入学金・授業料・制服代など各上限額の1.5倍まで

融資申込の窓口は各市区町村の社会福祉協議会となり、一般的には生活保護申請の窓口と同じです。

ネットで「社会福祉協議会■地名」または、「生活福祉資金貸付制度■地名」で検索をすれば簡単に情報が確認できます。

融資に必要な書類は健康保険証と住民票の2点となり、審査を通過し融資を受けられるまでに数日から数週間を要します。

審査基準は非常に厳しいですが、福祉やボランティアを目的とした機関からの借り入れのため、非常に安心できます。

しかし融資金は税金によって賄われており、虚偽の申告等は重罪となりますのでご注意ください。

お金を借りる理由トップ5

お金を借りる理由は人それぞれですが、生活に密接した内容で融資を受ける人が多いです。

 

用途や金額によって選ぶべき業者は多少異なってきますが、

 

消費者金融であれば初回の利用であれば条件によっては無利息になりますので、賢く選択をしましょう。

生活費

こまめに計算や節約をしているつもりでも、生活費が足りなくなってしまうことはよくありますよね。

 

実はキャッシングやカードローンの利用用途として最も多いのが「生活費が数万円足りなくなったから」という理由です。

 

普段ギャンブルや浪費をしておらずコツコツ貯金をしていても、急な出費でお金が必要になる可能性は誰にでも起こり得ます。

 

数万円程度のお金が必要な場合は、親や親族、友人、彼氏彼女などにお願いをするというのもいいのではないでしょうか?

 

但し、消費者金融からの借り入れ、親族や知人などから借りた場合共に、自分の中で計画的な返済プランを作っておきましょう。

 

数万円であってもしっかりと返済できないのであれば、信用を失ってその後の付き合いが無くなってしまうこともよくあります。

 

しっかりとした返済プランの計画が立てられている中、親族や知人にお金を貸してとお願いが出来ない場合は、やはり消費者金融への融資を受けた方がいいのではないでしょうか。

 

計画的に短期間で返済できるのであれば利息の支払いを最小限に抑えて、人間関係も崩すことなくお金を用立てられます。

学費・教育費・養育費

子供一人を大学まで卒業させた場合にかかる費用は約2千万円~3千万円と言われています。

 

食費などを含む最低限の生活費は、子供1人に対し月に約3万円程度の支出となり、そこに加え学費や習い事の費用を足すと月に6万円~8万円程度、年間にして70万円~100万円掛かります。

 

特に進学時には入学金や授業料の前払いなどでいっぺんに数百万円程度の費用が掛かり、まとまったお金を捻出できないという家庭も多く存在するため、教育一般貸付という国の教育ローンがあり、子供1人当たり1年間で最大350万円迄の融資が可能です。

 

固定金利1.76%・最長15年の返済期間と条件も非常に良く、世帯年収が200万円以下であれば優遇制度もあるのですが、デメリットとして、中学校卒業以上の子供に掛かる費用のみ融資の対象となってしまいます。

 

つまり15歳以下の子供に対して掛かる学費・養育費・教育費の融資は受けられないということです。

 

また、奨学金という制度もありますが、奨学金は入学後にしか支払われないため、前払いで支払いが不可能な場合は、いずれかの金融機関に一時的に借り入れをする必要が出てきます。

 

奨学金の受給に関しては、審査が非常に細かく設けられており、学費の総額・成績・通学手段などによって、奨学金の金額と返済にあたる年数や金利が変動します。

 

学費・養育費・教育費の融資を受ける際は、数百万単位という非常に高額な借り入れとなるため、どの金融機関を利用する場合でも細かい計算と返済スケジュールをあらかじめ決めておくことが重要です。

冠婚葬祭

結婚式・披露宴に掛かる相場は、300万円~400万円程度が相場となります。

 

かつては結構式場に前払いで数百万円を支払い、ご祝儀で回収するのがポピュラーな支払い形態でしたが、最近ではサービスが多様化され、一括で入金ができないカップルのために、一部前払いで料金を支払い、結婚式終了後に数日以内に結構式場に残額の支払いをするという支払い形態も普及しています。

 

しかしいずれにしても前払いの頭金として結婚式前に数十万円は必ず掛かってしまうのです。

 

借入をするのはおそらく男性になりますが、結婚式を挙げる前に結婚指輪や婚約指輪の購入、結納に掛かる費用など、結婚式以外での出費もかなり掛かるため、結婚式とその他諸々の費用を合わせると実質500万円前後の費用が掛かってしまいます。

 

まとまった貯金があるであれば問題ないですし、結婚式はなるべくご祝儀で回収できる範囲内の規模で行うのが理想ですが、どうしても費用の工面が出来ない場合は、借り入れ時期をボーナス時期に合わせ、尚且つ消費者金融の無利息期間を活用し、短期間での返済ができるよう調整し、最低限の金利で借り入れ~返済ができるよう調整してみてはいかがでしょうか。

 

葬儀は結婚式と違い、時期の調整が一切できず急遽取り行わなければいけない行事ですが、葬儀費用の相場は約200万円となり、かなり高額ですが、親族の供養のために費用を惜しみたくはないですよね。

 

ただ結婚式と同様、お香典で回収することが出来ます。

 

お香典で全額回収できれば、葬儀も消費者金融の無利息期間を活用することで、実質金利0円で行うことも可能です。

 

入院費・治療費

急なケガや病気により、入院費・治療費に膨大なお金が掛かってしまう場合、まず始めに傷病手当や労災の申請を行いましょう。

 

但し傷病手当や労災の給付や、入院したり治療を開始した翌月から支払われるため、当月の収入はなくなってしまい、貯金が無い場合は入院費や治療費を払えなくなってしまう、なんてこともあり得ます。

 

保険に入っている場合も、すぐ給付されるわけではなく、給付までに最短でも数日~数か月時間を要するので、すぐお金が必要な場合は一時的に消費者金融への融資を申し込むのも一つの手です。

 

後々、傷病手当や保険が下りれば、一括で返済ができるため、賢い借り入れの仕方と言えるでしょう。

 

引っ越し費用・賃貸の更新

引っ越しの際には、敷金・礼金・仲介手数料・引っ越し屋さん代など数十万円程度お金が掛かります。

 

また、賃貸の場合、2年に1度更新となりますが、更新料として家賃の1か月分が掛かってしまい、更新時期を忘れていてお金を工面できない、ということもよくあります。

 

転勤などの急な引っ越しの場合は仕方ないですが、そうでない引っ越しの場合は、やはりボーナス時期と合わせるのが有効的です。

 

前に住んでいた家を綺麗に使っていた場合、引っ越し後の1~2か月程度で敷金の返金があるので、返済の足しにできます。

 

計画的な数十万円程度の借り入れであれば、比較的少額のため返済もそこまで難しくないはずです。

 

事業資金でお金を借りたい場合

事業用として融資を受けたい時には、無担保のキャッシング・カードローンではなく、必ずビジネスローンの業者で申し込みをして下さい。

 

消費者金融や銀行のカードローンは、個人向けの融資は可能ですが、事業として融資金を使用するのを禁止しています。

 

業者に内緒で事業用として融資金を使用した場合、バレると一括での返済を要求される可能性もあります。

 

ビジネスローンのメリットとして、総量規制対象外(年収の1/3以上の借り入れが可能)・個人向けのローンサービスよりも金利が低いこと・借り入れ限度額内であれば、自由に何回でも借り入れができます。

 

特に日本政策金融公庫は100%政府出資の公的な金融機関なので、担保を付けた借り入れの場合、最低金利が0.3%~と非常に低金利で融資が受けられます。

 

デメリットとしては審査時間に数日~1か月程度時間を要してしまい、急を要する場合は選定する金融機関としては妥当ではなくなってしまいます。

 

その場合はビジネクストやオリックスビジネスなど民間業者での融資を検討してみて下さい。

 

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら