お金を借りる

消費者金融の総量規制とおまとめローン

近年、貸金業法が改正されて、消費者金融が個人に貸し付けを行うときの貸付限度額が、年収の3分の1までに制限されました。これを総量規制と呼びます。年収が600万円の人に貸し付けを行う場合、消費者金融各社が貸し付けることの限度額は200万円までということになります。したがって、この金額を超えた貸付けは違法になり、発覚した場合は罰金等の処分を受けることになります。

これに対して、銀行等の金融機関は、法律上の貸金業者には該当しませんので、総量規制の制約を受けません。つまり、上の例の場合、銀行が一般消費者に貸し付けを行う場合、200万円を超える貸し付けもOKということになるわけです。
お金を借りる側からすると、何とも不思議な話なのですが、法律の定義の問題ですので、そういうものかと理解しておくと良いでしょう。

ところで、おまとめローンとか借換えローンという言葉を耳にされたことはないでしょうか。複数の業者から借り入れている借金を一つにまとめて返済するというのが、おまとめローンや借換えローンと呼ばれるものの内容になります。
業者ごとにバラバラであった返済引き落とし日が一つになるので、うっかり入金漏れのリスクが少なくなりますし、うまくやると、金利を圧縮して、返済総額を減らすことができる場合があります。
複数の業者からキャッシングしている人には、検討してみる価値のある考え方と言えます。

ここで、複数の消費者金融からキャッシングをしていて、おまとめローンを活用して、返済を一本にしようとした場合を考えてみましょう。
一時的には、よそから借り入れて、そのお金でもって、既存の借金を返済するわけですよね。そうなると、総量規制に引っ掛かってしまい、新たな借り入れは行えないのかな?という考えが浮かぶことでしょう。
ご安心下さい。この場合には、総量規制の「除外」とされ、借金をまとめるための借り入れはOKというように法律で規定されているのです。借金を少なくするための試みはOKということになっています。
おまとめローンは、あなたの借金を少なくする切り札となるかもしれません。是非前向きに検討してみると良いでしょう。