お金を借りる

消費者金融でお金借りると銀行で借りれないのですか?

消費者金融からお金を借りているから、銀行から借りられないということはありません

ただ、借りにくくなるのは確かなので、借りる金額を減らすなどの工夫は必要でしょう

 

銀行のキャッシングは総量規制外となるため、消費者金融よりも多く借りられる可能性があります

総量規制によって消費者金融から100万円までしか借入できない方でも、銀行ならそれ以上を借入できるかもしれないのです。

逆に消費者金融よりも融資は少なくなる可能性もあり、すべては銀行の判断によって決められます。

 

お金を借りられない方は、金融機関が求めるレベルの信用力に達していないのです。
返済能力50万円の方に対して、100万円を融資する業者はいないでしょう。
申込者の返済能力は金融機関側も正確には把握できませんが、概ね年収・職業・勤続年数・他社借入の4点で判断されます

▼今すぐ!お金を借りられるカードローン社はここだ!▼

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

 

金融機関が重視する4点のポイント

銀行は年収の3分の1を超えて借りることもできますが、確実に借入できるという保証はありません
現実的には消費者金融や信販会社などのノンバンクと同額くらいの融資になるのが通常です。

1.職業に関して

職業に関してはは正職員がベストであり、正規の会社員や公務員は評価が高くなります。
非正規の方は借入できる金額が少なくなりますが、借りられないわけではありません。
50万円以内の希望額に抑えて申し込むのが好ましいですが、他社から借りている場合はもっと少なくしましょう。

総量規制外のローンであっても、総量規制を意識して借りると審査に通過しやすくなります

2.勤務年数に関して

勤続年数は長ければ長くなるほど収入が安定していると判断され、審査で有利となります。

3年の勤続があれば特に問題ありませんが、それ未満だと評価が下がることが多いです

1年未満だと借りられないことが多いとされるため、事前に確認をしてから申し込むのがいいでしょう。

金融機関によって重視する審査ポイントに違いがあり、勤続年数はさほど重視しないところもあります

3.他社借りれの件数に関して

他社借入で判断されるのは金額と件数であり、両者ともに少ないほうがよいです

他社借入額が多いということは、返済能力が低いことを意味します

高額を借入している方ほど、返済不能に陥りやすいのです。

4.多重債務に貸して

多重債務とは複数のローンから借入している状態であり、2社から借入があればすでに多重債務といわれる状態にあたります

金額が少なくとも借入先が2件以上あれば、1件の場合よりは審査のハードルが上がります。

借入件数は少ないほどよいですが、1~2件ならチャンスはあるでしょう。

3件から借りている状態だと、多くの場合新しく借りるのは厳しくなってきます。

借入先が多すぎる場合は、おまとめローンなどを活用して減らすなどの工夫も必要でしょう

 

銀行の一本化ローンは活用するべき?

すでに消費者金融から借入している方は、それらを一本化・乗り換えするために銀行ローンに申し込むのもいいです。
事前に目的が決まっていれば、審査に通過しやすくなるものです

 

多目的ローンは様々な用途に使用できますが、用途がはっきりしているほうが借りやすくなります。
低金利ローンで一本化すれば多重債務から解放されますし、金利の引き下げにより返済を楽にできます
ローンの返済が大変という方は、利息だけ支払って元金がほとんど減っていない場合が多いので、元金充当額を増やすためにも低金利ローンでまとめるべきでしょう。

 

ローンは元金の返済をしない限り、完済することはできません

 

銀行借入れ前に気をつけておきたいこと

審査を受ける前に注意したいのは、他社ローンの延滞があることです

 

ローンというとカードローンやキャッシングというイメージがありますが、携帯電話を分割購入している際は月額の携帯使用料であったりクレジットカードの支払いも「他社ローン」にあたります。
一般的に延滞は3ヶ月以上になるとブラックリストに載ると言われていおり、単発の延滞を繰り返している場合も信用力に傷が付いていることは間違いありません。
思い当たるふしがある場合は希望額をなるべく抑えて、審査に通りやすくすることが必要です。
借入できる可能性が高い金額は、金融機関の種類を問わずに50万円未満だと言われています

▼今すぐ!お金を借りられるカードローン社はここだ!▼

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら