お金を借りる

家族に内緒でバレずに借り入れできるかどうか!?

日頃の生活の中では思いがけないタイミングでまとまったお金の用立てを迫られることも多いものです。

特に守るべき家族がいると、生活は自分一人だけの問題ではなくなり、窮屈な思いをすることなく暮らせるようになんとか努力が必要です。

食費や生活費、交遊費にレジャー費、外食費、通院費、それに子供の教育費などに至るまで、もしもお金が不足してしまって支払いが困難になるようであれば、消費者金融や銀行などと借入契約を結んで手軽に融資金を頼ってみると良いでしょう

このようにして消費者金融や銀行などからお金借りる場合、数百万以上のまとまった金額を一括で借り入れるという方法もありますが、これだと審査に時間と手間がかかって仕方がありません。

今日や明日に差し迫っている支払い期限などには全くまに合わせることができないでしょう。

 

キャッシングサービスの利点とは?

その点、消費者金融や銀行のキャッシングサービスであれば、原則として即日審査、即日融資を受けることが可能

急ぎのお金の用立ても余裕を持って対処していけるはずです。

このキャッシングとは少額融資サービスという意味。

数万円から数十万円といった比較的小規模の融資を行うことで利用者に利便性をもたらしてくれる金融サービスです。

その代表的なお金借りる方法としてはカードローンや振り込みローンがあり、前者は専用カードを発行することで近くのATMから融資金いつでも簡単に引き出すことができて、もう一方の振り込みローンは申請が通過すると希望借入額を銀行の預金口座に一括振り込みしてもらうことが可能です

 

お金を借りるときに気をつけたい点は?

いずれもライフスタイルに沿ったそれぞれの便利さがありますが、利用の際には一つ気をつけたいこともあります。

それが家族バレです。

多くの利用者が申請時や審査時、あるいは借入の利用時に失敗するのが、この家族バレといった部分です。

つまり手続きの上で自宅に電話がかかってきたり、郵送物が届いたりしてしまって、自分がお金借りる契約を取り交わしていることがすっかりバレてしまうのです

そうなると同居中の親などを心配させたり、妻や子供たちを不安にさせてしまいかねません。

そうならずに内緒でお金借りるためにも、幾つかの注意点を踏まえておくことが重要です

 

申請する連絡先の電話番号

まず申請時の連絡先として自宅の電話番号を記載しておくと、申請内容や申請の有無の確認において自宅に直接電話がかかってくることがあります。

そうなると電話を家族がとってしまう確率も高くなります。

基本的にこれらの確認の電話はあくまで個人名でかけられ、担当者は決して自社名や借金サービス名などは口にすることはありませんが、それでもやはり心配なものは心配です。

いらぬ不安を煽らないためにも、これらの連絡先は自分の携帯番号などを記しておくことが大切です

そうすることで家族が電話に出るリスクも減るはずです。

そしてあらかじめこのような確認の電話が自宅にかかってくることがあるのかないのかをきちんとチェックして業者選びをするのも大事なことと言えるでしょう

 

各種書類の郵送先

さらに郵送物の問題も挙げられます。

一般的に、契約を取り交わすとそれらの内容が全て記された契約書が互いに交わされることとなります

それらの送付方法が自宅への郵送になっていると、それが受け取った家族に事実がばれてしまう可能性もあります。

そのようにリスクが生じないためにも、契約書はウェブ上のマイページにて確認できる方法をとるのが一番といえるでしょう

同じような郵送物の悩みとしては、毎回利用ごとに発行される利用明細書の問題も挙げられます。

借入額とその金利を記した明細書の送付先が自宅になっていると、指定の住所に郵送されてしまうものもあるのです。

そうならないためにも契約時に記入するフォームにおいて利用明細はウェブ上のマイページなどで確認するというウェブチェックを選択しておく必要があります

こうすることで要らぬ郵送物をうむ心配がなくなるでしょう。