お金を借りる

アコムでお金を借りるなら?土日祝日も即日融資!アコムで借りるポイント

アコムは土日祝日でもお金を借りられる!?

消費者金融業者は平日の14時までに申込みをし審査に通過すると即日融資が受けられますが、土日の申込みだと即日融資を受けられないケースもあります。

 

なぜ土日は即日融資が受けられないかというと、一般的に土日は休業の企業が置いため、在籍確認の電話ができないことが要因です。

 

平日に申込みをし審査に通過していれば、土日の融資は店舗や自動契約機で可能になりますが、申込みや審査が済んでいない場合は、土日にお金が急に必要になっても借り入れが出来なくなってしまうのです。

 

しかしアコムは、土日であっても申込み~審査~借り入れが可能な業者です。

申込み方法審査
web申込み
自動契約機に行く
電話申込み
有人店舗に行く ×

 

土日でもアコムでお金を借りる方法

土日にアコムで融資を受ける場合、方法は2つあります。

~1つ目の方法~

1つ目は申込み後、審査に通過したら無人店舗の自動契約機に行きカード発行後、アコムのATMで借り入れをするという方法です。

土日に可能な申込み方法は3つあり、web申し込み・自動契約機・電話申込みとなります。

有人店舗は土日祝の休日は営業していないため、申し込みが出来ません。

 

タイムロスなく申込み~審査までが出来るのはやはりスマホ・PCからインターネット上で行うweb申込みとなります。

web申込み後に数分~数十分以内の間に電話が掛かってきて、本人確認後審査する流れとなります。

審査に必要な書類は免許証や健康保険証の本人確認ができるものと、
50万円以上の融資額を希望する場合は、給与明細や源泉徴収票などの収入証明証が必要です。

融資額が50万円以下の場合は収入証明証は必要なく、本人確認書類だけで大丈夫です。
(※土日に申込みをし審査を受け借り入れをした場合は、追って平日にアコムから勤務先へ在籍確認をします)

無人店舗の自動契約機の操作などでもし分からないことがあっても、備え付けの電話がありオペレーターと話すことが出来るので安心です。

このように、web申込み⇒審査⇒店舗でのカード発行・融資は一番効率よく借り入れが可能となっており、
土日であっても審査がスムーズに進めば申し込みから約1時間~2時間程度でお金を借りることが出来ます。

また、自動契約機が設置されている無人店舗には、アコムのATMも合わせて設置されており、
自動契約機で発行されたカードを挿入するとお金の引き出しが可能になります。

アコムのATMは365日・24時間お金の引き出しが可能で、曜日や時間帯問わず常に手数料無料のため、とてもありがたいですし使いやすい業者です。
なお、自動契約機で発行されたカードがあれば、コンビニや銀行のATMでもお金の引き出しが可能です。

~引き出しが可能なコンビニ~


セブンイレブン・ファミリーマート・サークルK・ローソン・ミニストップ

~引き出しが可能な銀行~

イオン銀行・三菱東京UFJ銀行

アコムの無人店舗の自動契約機の営業時間は、店舗によって多少異なりますが8:00~22:00まで営業しているところがほとんどです。

土日でも申込みや審査が可能と言っても、21時以降の申込みの場合は当日の審査が出来ないため、
即日融資を希望する場合は、審査が長引くなどの万が一のことも考え、遅くとも14時までには申込みを終え、審査に通過後カード発行が出来る状態にしておきましょう。

カード発行さえしておけば、アコムのATMや上記の提携ATMで24時間いつでもお金を引き出せますので安心です。

~2つ目の方法~

楽天銀行の口座を持っている人のみ、口座に融資金の振込みをしてくれます。

平日の申込みであれば、楽天銀行以外の指定口座であっても振込融資が可能なのですが、
土日は楽天銀行のみ振込融資の対象となります。

楽天銀行の口座を持っていれば、自動契約に出向かずweb上で申込み⇒審査⇒契約が全て完了し、
アコムのホームページに設置されているマイページから融資の申請をすれば、1分程度でに楽天銀行の口座にお金が振り込まれます。

楽天銀行の振込み融資の受付可能時間は、アコム・楽天銀行のメンテンナンスの時間を除き、0時10分~23時50分までとなります。

申込み~融資まではweb完結ですが、後日自宅にカードと契約書の書面が郵送されるので、家族にバレたくない場合は、カードと書類の送付先をお近くの自動契約機にするとよいです。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

審査に通過し契約完了後、何時まで借りられる?

 

審査に通過し契約を終えると融資が受けられますが、店舗やATMでの融資金の受け取り、指定口座への振込み融資それぞれ、お金を受け取る方法によって、融資金の引き出しが可能な時間帯や手数料が異なってきます。

 

賢く利用すれば千円単位で融資を受けられ、尚且つ手数料も一切不要なので、
無駄なお金を一切かけず、その時に自分が必要な金額のみ借り入れができます。

 

(※毎週月曜日の1時~5時の間はメンテナンスのため、アコムのATM・提携ATM全てで利用できません)

自動契約機・ATM営業時間借入れ可能な金額(単位)1万円以下の手数料1万円以上の手数料備考
アコムのATM(自動契約機の近くに設置されている) 24時間 1千円 無料 無料 メンテナンス時間は除く
銀行ATM 24時間 1万円 108円 216円 メンテナンス時間は除く
コンビニATM ※セブンイレブン以外 9時から21時 1万円 108円 216円 ※メンテナンス時間は除く ※店舗により異なる
セブンイレブンのATM 9時から21時 1千円 108円 216円 ※メンテナンス時間は除く ※店舗により異なる
楽天銀行 24時間 1千円 無料 無料 メンテナンス時間は除く
その他の銀行 平日9時~14時 1千円 無料 無料 ※メンテナンス時間は除く ※銀行・店舗により異なる
アコム自動契約機数対象のコンビニ対象の銀行(全国展開)対象の地方銀行
1,078店舗 セブンイレブン ファミリーマート サークルK ローソン ミニストップ 三菱東京UFJ銀行 イオン銀行 三井住友銀行 セブン銀行 北海道銀行 東京スター銀行 第三銀行 熊本銀行 北陸銀行 西日本シティ銀行 親和銀行 広島銀行 福岡銀行 八十二銀行 ※八十二銀行のみ借入れのみ 可能で融資金の返済は不可

 

消費者金融のアコムで家族や会社にバレずに借りるための方法とは

キャッシングしていることを家族や勤務先には絶対にバレたくないですよね。

アコムはそんな方にもしっかり配慮をしてくれる会社です。

キャッシングをしている、しようとしていることがバレる時は主に①審査時 ②カードの受け取りです。

①審査時には勤務先に在籍確認の電話が来ます。

その際、アコムは女性オペレーターから別会社名義などで違和感なく会社に連絡をしてくれます。

どうしても心配な場合は、あらかじめ上司や同僚に、「住宅ローンの審査」「クレジットカードの審査」「引っ越しの審査」によって、
会社に在籍確認の電話があると事前に伝えておくのもよい方法です。

アコムのホームページには一応、在籍確認の電話は必須と記載をされておりますが、事前にアコムに在籍確認の電話がどうしても嫌だと伝えれば、イレギュラーではありますが在籍証明書(健康保険証・社員証)などを提出すれば、少額融資の場合は融通を効かせてくれる可能性もあります。

②カードの受け取りは、自宅・自動契約機のどちらかを選択できます。

郵送物はアコムという名義ではなくACサービスセンターという企業名で送られてきます。

一見すると消費者金融業者からの郵送物だとは分かりませんが、封を開ければアコムからの書類であることは一目瞭然となってしまうため、郵送先は自動契約機を選択し、自宅へカードや書類を郵送されないようにするのが最も安全です。

また、返済期間中にもアコムから不定期で郵送物が届く恐れがあるので、web上の問い合わせフォームからの申請や直接電話をして、自宅への郵送物の送付を全て控えて欲しい旨をあらかじめ伝えておきましょう。

そうすれば家族には全くバレることなくキャッシングや返済が出来ます。

 

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

アコムの審査通過率は!?

アコムは他の大手消費者金融業者よりもやや審査基準が緩く設けられているようです。

会社審査通過率
アコム 47.90%
アイフル 47.50%
プロミス 44.40%

(※2016年3月度の各社の審査通過率)

大手消費者金融業者各社ではほとんど審査内容が同じで、下記の5項目を重点的に審査しています。

①属性審査(勤務先・年収・雇用形態・家族構成・居住形態など)
②信用情報審査(延滞履歴・ブラックリストに登録されているかなど)
③書類確認(身分証・収入証明証など)
④在籍確認(本当に実在する会社なのか・申込みをした本人が在籍しているかの確認など)
⑤貸金業者からの借入額(借入れ件数・借入合計額など)

※⑤の貸金業者からの借入れ額についてですが、消費者金融業者のサービスは総量規制対象(年収の1/3以上の金額の融資をしないということ)なので、他社での借り入れ額と、希望の融資額の合計金額が1/3以上になってしまっている場合は、希望額での融資は受けられず、年収-他社での借入額=融資額となってしまいます。

 

それ以外の細かい審査内容は各業者で異なり、独自の基準とロジックをそれぞれ持っており、
ホームページなどではその独自の審査内容の情報は一切開示されておりません。

 

上記の表だと一番審査通過率が高いアコムですが、そんなアコムが他の業者よりも厳しく見ている審査内容があります。

 

それが、「直近半年間での他社での申込み有無・借り入れ有無」です。

 

アコムは他社で申込みをし審査に落ちた人、審査に通り借り入れをした人の審査を通しにくい傾向があります。

 

つまり、直近半年間で他社での申込み・借り入れの記録がなく、信用情報も傷がついておらず、
安定した収入があり、返済能力があると判断されればアコムでの審査はほぼ通ると言っても過言ではありません。

 

大手消費者金融のいずれかで初めて借り入れを検討しているのであれば、
1社目の利用の場合は審査通過率が高い、アコムがおススメです。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

アコムの月々の返済額はどのくらい?

最低返済額とは、キャッシングを利用した人が月々必ず返済しなくてはならない金額のことです。

一般的に借入れ額が少ないと、最低返済額が低くなる傾向があります。

融資を受ける上で、月々の最低返済額は非常に気になりますよね。

消費者金融業者からいざお金を借りても、最低返済額が高いと「そもそも返済できるのか?」という不安を抱いてしまいますが、アコムは5万円程度の融資額であれば、月々3,000円~の返済額となるので、負担なく返済計画が立てられます。

融資金額が既に決まっている場合は、申込み後にアコムのホームページに設置されている、返済シュミレーションで、月額の最低返済額を算出してみてはいかがでしょうか。

最低返済金の算定は、お金を借りる人の条件によって多少異なりますが、大まかに月々幾らずつ返済すればいいのか、また、その最低返済額を継続した場合に、どのくらいの期間で完済が出来るのかが分かります。

アコムでは返済期日を、「35日周期」と「利用する人が決めた毎月の指定日」の2つから選べ、返済忘れを防止できるメールサポートや、期日前の返済、web上で24時間返済ができるサービスが充実しています。

なお、月額返済額を変更できるサービスもあるので、月額の最低返済額より下回っていなければ、その時々の収支に合わせ返済額を増やしたり減らしたりなども出来ます。

このように無理なくお財布事情に合わせ月々の返済が可能なアコムですが、長期間にわたり毎月最低返済額での返済をした場合、返済期間が長くなるためその分金利も多く支払うというデメリットもあり、このデメリットはアコムだけではなく、どの消費者金融業者で借入れをしてもリスクは同じです。

返済が厳しい時には最低返済額での返済、余裕がある時は返済額を増額し、なるべく長期間の返済期間とならないよう計画的に返済プランを立てましょう。

アコムの申し込み~審査通過までの流れ

まず大前提として、申込みが可能で審査に進めるのは下記に該当している方のみになります。

①20歳~69歳の方
②安定した収入があり、返済能力がある方(アルバイト・パートであっても毎月一定の収入があれば可能)
③身元の証明ができる方
④安定した収入の証明ができる方

③の身元証明証ですが、運転免許証・健康保険証・パスポートの提出が一般的ですが、
手元にない・そもそも持っていない場合は、マイナンバーや社員証等でも対応してくれる可能性があります。

④の収入の証明ですが、源泉徴収票・給与明細・確定申告書類・その他行政から発行された収入の記載がある書類などの提出をして下さい。

ただし、他社での借入れが一切なく、融資額が50万円以下の方は収入証明証の提出は不要です。

ただ、他社での借入れとアコムへの希望融資額の合計が100万円以上の方と、
他社での借入はなくとも、アコムで50万円以上の融資を希望する方は、収入証明証の提出は必須となります。

上記に満たしていれば、1万円~800万円の借入れが可能になりますので、下記のいずれかの方法で申込みを行ってください。

申込み方法最短審査時間即日融資備考
web(スマホ・パソコン) 30分 ※14時までの申込の場合は即日融資可能
有人店舗 30分 ※店舗により営業時間が異なる ※14時までの申込の場合は即日融資可能
無人の自動契約機 30分 ※店舗により営業時間が異なる ※20時までの申込の場合は即日融資可能
電話 30分~60分 ※14時までの申込の場合は即日融資可能
郵送 数日 × 書面だと審査が通るまでに 早くとも数日掛かるため即日融資不可

 

なお、web申込みの場合、アコムの審査は「3秒診断」と「本審査」の2つに分かれます。

3秒診断というのは、簡易的なお試しの診断となり、入力する項目は、年齢・年収・他社での借入れ状況の3つになります。

実際、この3秒診断は目安にしかならず審査をする上であまり参考にはならず、3秒診断で融資可能という結果でも、本審査では落ちてしまう、といったケースももちろんあります。

本審査は身元証明証・収入証明証の提出が必要になり、審査内容の項目も非常に多いため、お急ぎの場合はすぐ本審査を受けた方がいいです。

アコムは他社での借入れ件数や借入れ額をかなり気にする業者ですので、もし他社で借り入れがある場合は、滞りなくしっかり返済していることをしっかり伝えましょう。

金利について

 

2018年現在、アコムの金利は「4.7%~18.0%」の中から割り当てられます。

 

一昔前は30%近い金利で利用しなければいけなかったことを考えると、非常に利用しやすくなったと言えるでしょう。

 

どうせならば最小金利である4.7%で契約したいと望むのが当然でしょうが、初めて契約する人が最小金利に割り当てられる可能性は限りなくゼロです。

 

基本的には18.0.%付近に設定されることになる為、ある意味では無利息特典のメリットは最大限享受できると考えて問題ありません。

 

アコムの金利設定は決して低くはありませんが、平均的な数値に設定されているかわりに「高額融資に対応している」と言うメリットがあります。

 

最大500万円までの融資が可能と言うことで、おおよそ一個人が急に必要になる金額としては十分です。もし仮に500万円の借入れ上限金額が設定されたとすると、最小金利である4.7%で利用することが出来ます。

 

上限金額が高くなればなるほど金利は低くなると覚えておきましょう。

 

審査条件・借り入れ金額の上限は?

ネット上には利用者や審査経験者が様々な情報を寄せています。「こんな状況で審査に通った」、「大丈夫だと思っていたのにダメだった」など様々な情報がある為、申し込み前に確認しておくと安心できる要因になる可能性があります。

 

ただ、全く同じ状況だったとしても結果は一律ではない為、あくまでも「参考程度、可能性」として活用しましょう。

 

審査では年収や債務状況、過去の信用履歴など様々なものが影響します。

 

特に年収は借入れ上限の設定に非常に重要に関与してくるだけでなく、「総量規制」の影響を受けるので避けては通ることが出来ないポイントです。

 

例えば、年収が300万円あれば割り当てられる可能性のある最大上限金額は100万円、年収が100万円ならば30万円と言った具合で決まります。

 

つまり、「年収の1/3まで」が総量規制対象のカードローンにおける最大金額となります。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ