お金を借りる

オリックス銀行カードローンでお金を借りる時の審査に気をつけたいポイント

オリックス銀行カードローンを契約してお金を借りる際、必ず審査があります。

こちらの手続きをする時にはいくつか注意するポイントがあります。

申し込みがあるとすぐに銀行は信用情報登録機関に過去のクレジットカードやカードローンの支払い履歴を照会します。

その記録が特に問題がない場合は良いのですが、遅延や延滞の情報がある場合には審査の通過がかなり難しくなります。

オリックス銀行カードローンを利用しようと考えるのであれば、過去のクレジットカードや他の金融機関のカードローンで遅延や延滞がなかったかどうかを確認する必要があります。

 

遅滞や延滞を確認される範囲は?

クレジットカードだけでなく携帯電話の分割支払いもクレジット契約になるので注意しておく必要があります。

万が一遅延や延滞の情報がある場合には、それらの情報が消えるまで契約を待つ必要があります。

信用情報に遅延や延滞の情報がない場合には、次に確実に支払いをしてもらえるかどうか審査します。

オリックス銀行は申込書に記載された勤務先にオリックス銀行の名前を出さずに個人名で電話します。

電話をした際に申請者本人が電話口に出れば1番良い事には間違いないですが、万が一外出していたり、公休の場合は他のスタッフがその事実が確認できれば良いとされています。

万が一勤務先で働いている事が確認できない場合には働いていないだけでなく、申請書に虚偽記載を平気でおこなう信頼できない人と評価されてしまいます。

その結果として融資はかなり難しくなります。

 

会社の勤続年数も審査対象

その際に会社の勤続年数も審査の対象になります

長ければ長いほど安定して働いていると判断されます。

どんなに短くても一年はその会社で働いていないと審査にはかなり不利になります。

 

会社の規模も審査対象

会社の規模も重要な項目になります。

従業員が20名以下のような会社よりも東証一部上場企業のような企業の方が業績が安定していると判断される場合がほとんどです。

東証一部上場企業よりも公務員はさらに安定していると判断できるされます。

そのため公務員が申請に来た場合には、過去のクレジットカードやカードローンで遅延や延滞を起こしていない限りかなりの確率で融資が実行される可能性が高いです。逆に仕事が自営業の場合にはオリックス銀行は慎重になります。

ほとんどの場合、過去三年の納税証明書や所得証明書の提出を求められる場合があります。

提出した納税証明書や所得証明書をオリックス銀行が見て所得が安定していないと判断した場合には融資を見送る場合もあります。

 

緊急連絡先も要確認

勤務先への在籍確認が取れたら次に緊急連絡先の確認を行います。

あまりあってはいけない事ですが、人間誰しも忘れてしまう事はあります。

支払い締約日に入金がない場合にオリックス銀行は支払い催促の電話をかけます。

その電話ができるかどうかを審査します。

自宅の固定電話か申請書の携帯電話に電話がかかってきます。

実家に住んでいる場合だと両親が出る場合がありますが、その場合両親がでて不在を伝えるのでも良いとされています。

両親が出た場合にはオリックス銀行としては万が一遅延や延滞となった場合でも両親が支払ってもらえると判断します。

 

居住年数も審査対象

居住年数も見られます。

オリックス銀行としては万が一遅延や延滞となった際に郵便物を届けますが、転居していたら郵便物が届かなくなり困ります。

持ち家に居住しているのが1番良いのは言うまでもない事ですが、賃貸物件に居住している場合だと5年以上は同じ物件に住んでいると有利になる場合があります。

居住期間が短い人がオリックス銀行のカードローンをどうしても受けたい場合だと居住期間が最低一年あれば相談に乗ってもらう事は可能です。

オリックス銀行のカードローンを利用する場合には以上のような事に注意しておくと、融資が実行される可能性がかなり高くなります。