お金を借りる

バンクイックでお金を借りる!三菱東京UFJ銀行ならではの審査基準

消費者金融系・信販系・ショッピング系・銀行系など、お金を借りる時の選択肢は色々あります。

自分では対処することが出来ない状況に陥ってしまった場合、家族や友人・職場などに助けてもらおうとする方法もありますが、状況的にどうあっても対処しきれないと言うほどになってしまう可能性もあります。

個人間で済ませることが出来れば良いのですが、そうできない場合には金融業者に相談してみましょう。

いわゆる「カードローンやキャッシング」を利用する為には、それぞれの会社が行っている審査をクリアする必要があります。

おおよその審査基準は決まっていますが、その中で状況をどのように評価するかや融資が可能であると判断される基準に関しては独自に設定されています。

 

消費者金融系と銀行系どっち?

一般的に消費者金融系などと比べて銀行は基準が高めに設定されていると言われています。

ただ、その代わりに利用環境は優遇されている場合が多いので、可能な限り銀行系を利用するようにすると負担を減らせる可能性が高くなります。

銀行系のカードローン・キャッシングには色々な種類があり、それぞれが独自の特徴を持っています。

自分の希望や利用環境に最もマッチしているカードローン・キャッシングを選ぶようにすると、より少ない負担で利用できる可能性が高くなります。

 

銀行系カードローン「バンクイック」

銀行系カードローンの中でも、様々な魅力があると言うことで人気があるものが「バンクイック」です。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が行っているサービスで、国内を代表する大手銀行が運営しているという高い安心感があります。

また、金利や上限金額なども消費者金融系などよりも好条件に設定されているので、「少ない負担でお金を借りたい」・「安心できるカードローンを利用したい」と言う希望を持っている人にとっては非常におすすめです。

バンクイックの審査基準は、消費者金融系よりも高めに設定されていることは事実です。

しかし、例えば銀行の目的ローンを利用する時とは違って広く利用出来る環境が整えられています。

通常、銀行系のカードローン・キャッシング審査は該当銀行が独自に定めた基準によって判断されます。

 

バンクイックの審査の特徴

しかし、バンクイックの場合は「消費者金融であるアコムの保証を受けられる人」という基準が設けられており、一般的な銀行カードローンとは一線を画している状況です。 少し分かり辛い表現になっているかもしれませんが、簡単に言うと「アコムの審査を通過できる状況なら借入れ出来る」と言う意味になります。

銀行カードローンであるにもかかわらず、利用出来るかどうかの判断は消費者金融基準で決まるということなので、自身の属性(年収など)に自信が無い人であっても比較的利用できる可能性が高くなっています。

もちろんバンクイック独自の審査が全く無い訳ではありませんが、保証会社を設定していることで他の銀行よりは借りやすい条項になっていることは間違いありません。

利用環境も非常に優れているカードローンでありながら基準が低めになっていることは非常に大きなメリットで、特に初めてカードローンを利用する人にとっては最適と言えます。

消費者金融を利用してお金を借りるとなると、おおむね金利は18%に設定されます。17%台で契約できることも少なくありませんが、各社が設定している最大金利から利用が始まることがほとんどです。

つまり、設定されている金利の最大値が低ければ低いほど負担が少なくなると言うことです。

最小値がいくら低く設定されていても仕方がないので、最大値をベースに比較するようにしましょう。

バンクイックが設定している金利は4.6~14.6%です。

単純計算で3%ほどの金利差があると言うことは、金額にして年間数万円以上の違いになってきます。