お金を借りる

プロミスでお金を借りるなら即日で借りられる!?即日審査で気をつける事

 

大手消費者金融として知られる「プロミス」は、申込み当日中にお金を借りることが出来ます。

いわゆる「即日融資」が利用出来ることは消費者金融の大きな特徴となっていましたが、最近では銀行カードローンの多くも即日融資が利用出来る様になって来ています。

消費者金融系と銀行系では大きな違いがある為、より自分に合った方法、より負担が少なくなる方法などを厳選して申し込むようにしましょう。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

即日融資を受ける際の審査における注意点とは?

さて、プロミスで即日融資を利用する場合の注意点についていくつか紹介します。

いくら「今すぐにお金が借りられる」とは言っても、希望すれば誰もがそうなると言う訳ではありません。

むしろ、半分以上は審査をクリアすることが出来ず融資を受けられない可能性の方が高くなります。

まずは「どうすれば審査をクリア出来るのか」についてしっかりと学習し、少しでも契約の可能性を高めることが重要です。

 

プロミス申し込みはフル入力で!Web上で手続きが完結して、電話確認の必要が無い

申し込み方法としては「ネット申し込み」が一般的ですが、平日14時までの審査受付の場合翌日以降にならないと審査が始まらない可能性もあります。

 

どうしても14時を過ぎてしまった場合は、審査通過後に自動契約機へ行くことで当日中に借りれれる場合があります。

 

またプロミスの申し込みで意外と失敗しがちなのが、カンタン入力で申し込んでしまうパターンです。

少ない項目で申し込みができるのは確かにメリットかもしれないが、あとで『電話確認』が来ることを忘れてはいけない。

そこでおすすめしたいのが、フル入力による申し込みです。

 

確かに入力する項目はカンタン入力より多めではあるものの、電話確認時に30分~1時間プロミスのオペレータに職場やら年収やらと聞かれて拘束されるのの比べたらまったく苦にならないほどの入力項目でしょう。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

プロミスの審査での重要な要素は?

プロミスの審査において重要な要素は「年収・勤務先・勤続年数・債務状況」などです。

 

この他にも様々な要因が結果に影響してきますが、これらに関しては最低限度の基準ではなく、余裕を持ってクリアできていた方が安心できます。例えば、プロミスは消費者金融系として貸金業法によって管理されています。

 

年収は?

 

貸金業法で管理されている金融業者は、「総量規制」の対象となります。つまり、自分の年収によって借入れ上限金額が決まってしまうため、この基準ギリギリの場合は希望金額に達せない可能性が高まります。

 

勤務先は?

 

勤務先に関しては「大企業ほど良い」と思っていて問題ありません。

 

ただ、中小企業・零細企業だからと言って圧倒的に審査で不利になると言う訳ではありません。

 

一応、審査においてプラス要素となる可能性はあるものの、勤務先の規模や社会的信用よりも「本人の将来性や債務状況・収支状況」の方が優先されます。

 

勤続年数は?

 

例えば、10年務めた中小企業で役職がついていないという場合、将来的に昇進・昇給の可能性が低いのであれば信用は下がります。

 

役職に関してはまだしも、10年務めた結果としてこれまでどの程度昇給してきたのかといったことが信用には大きく影響します。

 

数万円程度しか昇給しておらず今後の昇進・昇給も期待できないという状況であれば、融資金額についてはあまり期待することが出来ないと考えておきましょう。

 

債務状況は?

 

総量規制対象のカードローンでは、「年収と債務のバランス」が非常に重要です。

 

予め具体的に借り入れ出来る範囲が決められてしまっているため、その範囲内で振り分けられる金額が少額の場合は審査で蹴られてしまう可能性があります。

 

例えば、年収500万円ですでに100万円の借入れがあるという場合、上限は170万円ほどですが現実的に貰える融資枠としては150万円と言ったところです。

 

つまり、50万円ほどの余裕がある状況と言えわけですが、状況的にそれ以下の利用枠しかもらえない可能性が高くなります。

 

500万円と言うと一般的なサラリーマンの平均年収となる為、その状況で債務を増やさなければいけない家計状況であると言うことがマイナスに評価されやすいからです。

 

即日融資を受ける場合、これらの審査基準を満たしているかどうかをチェックするのと同時に「申し込み方法や融資手段の選択」についてもしっかりと検討しましょう。

 

審査通過後はどうしたら良いの?

まず30日間無利息サービスを利用するかしないかですが、メールアドレスとWeb明細への登録だけで利用可能ですので使わない手はないでしょう。

 

初回利用に限り、30日間は何度借り入れをしても期間中は無利息です。

 

振り込みについてですが、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも振り込みしてもらえる『瞬フリ』というサービスを受けることが出来ます。

 

振り込み後は近くのコンビニなどでお金を受け取ることが出来るので、口座を開設しておくと急な入用に非常に便利ですね。

 

通常の銀行振込みの場合も同様に来店不要でお金を借りることが出来ますが、「振り込みが完了できる時間内(平日14時まで)に契約を完了する」と言うことが必要です。

時間外の場合、翌日以降にならないと入金されない可能性があります。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

プロミスの返済はどうなの?

返済についてはネット・銀行振込・コンビニのATMをはじめ、プロミスの自動契約備え付けのATMやインターネット返済が利用できます。

 

またプロミスの返済の特徴としては最低返済額が非常に低額という点です。以下に他の金融機関との比較をまとめましたので参考にしてみてください。

サービス残高5万円残高10万円残高30万円
プロミス¥2,000¥4,000¥11,000
アコム¥3,000¥5,000¥13,000
アイフル¥4,000¥4,000¥13,000
モビット¥4,000¥4,000¥11,000
オリックス銀行¥7,000¥7,000¥7,000
みずほ銀行¥10,000¥10,000¥10,000
バンクイック¥2,000¥2,000¥6,000