お金を借りる

SMBCモビットでお金を借りる!Web完結で家族にバレずに借りる

キャッシングを利用したいけど、在籍確認や郵送物などで同僚や家族にバレるか心配している方は非常に多いです。

 

SMBCモビットではそんな方のためにweb完結のサービスを提供しています。

 

SMBCモビットでは、どうしても勤務先に電話連絡をしてほしくないとあらかじめ伝えておけば、在籍が証明できる書面を提出すれば勤務先への電話を控えてくれます。

 

また、自宅への郵送物もあらかじめ不要であると伝えておけばカードや契約書一式など一切の郵送物が届くことはないので、家族にもバレずに済みます。

 

大手消費者金融業者のホームページによく「web完結」と記載されていますが、実際はカードや契約書が発行され郵送される業者がほとんどの中、一切の書類が郵送されることなく、正真正銘のweb完結でキャッシングが利用できるのは、実はSMBCモビットとプロミスの2社だけなのです。

 

 

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

SMBCモビットでWEB完結を利用してお金を借りる申し込み方法について

 

具体的に、どういうシステムになっているかですが、SMBCモビットのWEBから融資の申し込みに進み、必要事項を入力します。

 

ここで質問されるのは、本人の氏名や住所、電話番号のほか、勤務先、職種、勤続年数、さらに消費者金融や他行からの借り入れ状況などを記載します。

 

そして、いくつかの必要書類を求められますので、それらをスマホなどで鮮明に撮影してアップロードします。

 

また、web完結を利用できる人の条件はいくつかあります。

1)三井住友銀行、もしくは三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行に普通預金口座を持っている

⇒上記銀行の口座を保有していない場合、まず初めに銀行の口座を作らなくてはいけません。

2)社会保険証、もしくは組合保険証を持っている

⇒社会保険証・組合保険証を持っていないアルバイト・パートの人はweb完結を利用できません。

3)源泉徴収票や給与明細などの収入証明証を提出できる

この3点全てに該当する人のみweb完結を利用できるのですが、web完結で申込をする際の流れは以下となります。

1)パソコン・スマホから申込み

2)web上で本人確認書類・収入証明証などの必要書類を提出

3)審査

4)SMBCモビットから審査結果がメールで送られてくる

5)指定した口座にお金を振り込んでもらえる ※web完結の場合はカードの発行はなく、自動的に振込みキャッシングとなります。

いくつか利用条件はありますが、このようにweb完結を活用すれば勤務先や家族にバレる心配はありません。

審査に必要な物

必要なのは、まず本人を確認できるものです。

 

これは、運転免許証かパスポートということになります。

 

次に、収入を証明できる書類です。

 

こちらは、源泉徴収票のほか、確定申告書、所得証明書、2か月以内の給与明細などで証明することができます。

 

さらに、実際に記載した勤務先に勤めていると分かるもの、たとえば健康保険証や社会保険証、組合保険証といったものか、1か月以内に発行された給与明細を提出します。

 

この際、国民健康保険であると、WEBでの完結はできないことになっています。

 

つまり、パートやアルバイト(安定した収入がある方)で国民健康保険加入者の場合は、別の方法で申し込む必要があるということです。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

SMBCモビットでお金を借りるなら審査時間はどれくらい?

SMBCモビットは大手消費者金融の中でも審査時間が早いことで有名の会社です。

 

他社は審査時間が最短60分のところもある中、所定の部分に間違いなく入力をし、なおかつ必要書類がそろっていれば、SMBCモビットは最短30分で審査を行ってくれます。

この場合も、電話ではなくWEB上で知らされますので、誰にもバレずに済みます。

 

ただ、万が一、入力に不備があると電話で各印されてしまいますので、入力は慌てず確実にすることが重要です。 また、即日融資を希望する場合には、14時50分までに審査合格まで終わっていないといけません。

 

つまり、14時30分にWEBで申し込みをしても、審査の終了が間に合わず、翌日以降の振り込みになるので注意が必要です。

 

さらに、ローンカードを自宅に郵送ではなく、SMBCモビットの自動契約機から発行することを選択しておくことも重要です。うっかり自宅に届くと家族にバレてしまうことがあるでしょう。

 

同じように、利用明細や請求書などの書類も、すべてWEB上で確認するように設定しておくのがポイントです。

 

お金借りるとなると、緊張したり焦ってしまったりするものですが、ひとつひとつ丁寧に対応するとバレずに融資を受けることは十分に可能です。

 

また、SMBCモビットからの電話による連絡を避けるためには、申し込みの際に社会保険証が絶対に必要になりますので、画像の撮影も丁寧にするようにしてください。

 

ブレていたり、端っこが切れていたりするのは再提出が必要になるので注意しましょう。

 

 

うっかり返済期限を過ぎないように!!

なお、お金借りる時点で家族にバレなくとも、返済が滞ると、SMBCモビットから連絡が入ることになります。

 

数日程度であれば何も起こらない場合もありますが、なかなか入金されないようだと、自宅にハガキで督促状が届きます。

 

それでも入金がないと、今度は自宅や勤務先に電話がかかるようになります。

 

そうなると、家族や同僚に借金をしていること、さらに滞納しているという事実がバレてしまうでしょう。 そういうミスをしないためにも、うっかり支払い期限が過ぎて滞納しないように気を付けることも大事です。

 

もし返済できないようなら、連絡が入る前に自分から電話をするのがオススメです。

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

SMBCモビットで土日祝日でもお金を借りられますか?

SMBCモビットは土日であっても申込み・契約をし、融資を受けることが出来ます。

 

ただし、土日に即日融資を受ける方法は「スマホやパソコンを使いwebから申込みをし、無人契約機でカードを発行後、ATMでお金を引き出す

 

この1つの方法以外で、、土日に即日融資を受けることは不可能です。

 

注意しなくてはならないのが、申込みの際に誤って「web完結申込み」を選択してしまうと、自動的に振込みキャッシングを選択してしまっていることと同じになり、土日は金融機関がお休みで指定口座に融資金が反映されないので、振込みを確認できるのがが翌営業日になってしまい、即日融資を受けられなくなってしまいます。

 

ですので「web完結申込み」ではなく必ず「カード申込み(カード申込みというのはwebで完結せずカードが発行される契約のこと)」で契約をして下さい。

 

そうすれば土日であっても即日借り入れが行えます。

 

SMBCモビットの契約機は店舗によって営業時間が異なりますが、平日土日問わず21時まで営業しているので、遅くとも20時までに契約を完了すれば、即日でお金を借りることが出来ます。

 

お近くの店舗は、SMBCモビットのホームページで市区町村を選択すれば簡単に検索でき、店舗ごとに営業時間が記載されているので、チェックをしてから店舗に行きましょう。

 

今スグ申し込みたい方はコチラ今スグ申し込みたい方はコチラ

 

SMBCモビットにお金を返すならここに気を付けて!

SMBCモビットの返済の方法は3種類から選択できます。

1)口座振替え(口座からの自動引き落とし)

三井住友銀行、もしくは三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方であれば、口座から自動で返済額が引き落とされるため、返済忘れを防げますし手間もかからずとても楽です。

この2つの銀行の口座を持っていない場合は、下の2・3いずれかを選択し返済を行います。

2)銀行振込み

3)提携ATMから返済

2)3)の場合は1万円以下:108円、1万円以上:216円の振込み手数料が発生します。

SMBCモビットは返済・出金共に手数料無料で利用できるATMはSMBCモビットATMと三井住友銀行のATMだけとなりますので、

今後複数回SMBCモビットで融資を受けようと思っている場合は、手数料を削減するため三井住友銀行の口座を作った方がいいかもしれません。

 

SMBCモビットの金利は実質年率3.0%~18.0%となっており、消費者金融の中では、下限・上限金利ともに一般的な水準の金利となっています。

金利の総支払額を少なくしたい場合は、返済回数を減らすことをおすすめします。

仮にSMBCモビットで10万円の融資を受けた場合、月々の最低返済額は4,000円と少額のため、毎月負担なく返済できるように感じますが、

返済回数が多くなればなるほど、当然金利の総支払額は多くなります。

融資額返済回数毎月の返済額金利の総支払額融資額+金利の総支払額
10万円 6ヶ月 17,552円 5,312円 105,312円
10万円 12ヶ月 9,167円 10,011円 110,011円
10万円 24ヶ月 5,000円 19,772円 119,772円
10万円 32ヶ月 4,000円 26,260円 126,260円

 

金利の総支払額はもちろん少ない方がいいと皆さん思っているはずですが、返済回数を少なくして万が一お金を工面できず返済が滞ってしまうと信用情報に傷が付き、SMBCモビットを含め、今後他の大手消費者金融業者や銀行が融資を行ってくれなくなってしまったり、遅延損害金を請求されてしまうというリスクもあります。

 

もし回数を少なくした返済が厳しい場合は、最低返済額での返済回数で契約をし、最低返済額よりも多く返済ができる月に繰り上げ返済を行い、返済回数を少しでも減らす方が後々の負担と金利の総支払額を減らせるためおススメです。