お金を借りる

三井住友銀行カードローンでお金を借りるなら!審査基準と金利

三井住友銀行カードローンは、「金利4.0~14.5%」・「最大800万円」という非常に高いスペックを持っているカードローンです。

銀行・消費者金融などを利用してお金を借りる時に一番考えなければいけないことは、「確実に完済することが出来るかどうか」です。

せっかくお金を借りられたとしても、最終的に返済が大変過ぎて生活が大幅に狂ってしまったり、返済することが出来なくなって滞納してしまっては意味がありません。

借りた時は一時的に状況が改善されるかもしれませんが、最終的にお金で困ってしまう様では本末転倒です。

その為、利用する金額に関わらず「自分はいくらまでなら借りられるのか、確実に完済する為にはどのように利用していけば良いのか」を事前に把握しておかなければいけません。

 

審査について

また、カードローンを利用する時には三井住友銀行カードローンに関わらず「審査」があります。

この審査をパスすることが出来なければお金を借りることは出来ない為、自身の返済計画作成と同時に「借りられる可能性があるのかどうか」についてもしっかりと確認しておきましょう。

三井住友銀行カードローンの利用基準は、満20~69歳で安定した収入を得ている人です。

また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの審査を通過できる人と言う条件もあります。

この二つを満たしていさえすれば雇用形態は問題になりません。

正社員であれば契約できる可能性は多少アップしますが、アルバイトやパート・契約社員などであっても問題なく契約できる可能性があります。

 

銀行口座を持っていると優遇される?

同系列の会社が保証会社として携わっているということもあって、すでに三井住友銀行に銀行口座を持っている人の場合は審査が優遇される可能性もあります。

必ず優遇されると言う訳ではありませんが、該当口座に預金があればそれ自体が「信用・返済能力」として評価されます。

仮に300万円の預金がある状況で100万円の借入れを希望した場合、使途に関係なく最低でも「お金を貯めることが出来る人物」という評価を得ることが出来ます。

また、その預金自体がある意味では担保としての効果も発揮します。

 

他に審査の基準となるものは?

通常、カードローンを利用する時には一定の基準があります。

上記の様に年齢制限はもちろんですが、年収・勤続年数・役職・居住年数・電話の種類・婚姻状況などの様々な要素が関係してきます。

良く「属性」と言う言葉が使われますが、これは言い換えると「評価ポイント」のようなものです。

年収が500万円なら10ポイント、勤続年数が1年未満なら1ポイントなどと言う感じで採点されていき、最終的なポイントが基準を満たしていれば契約の可能性ありと判断されます。

単純に基準を超えていれば契約できると言う訳では無く、このスコアリングはあくまでも「可能性があるかどうか」を判断するだけです。

この時点で問題が無ければおおむね契約できることが少なくありませんが、最終的には担当者の判断によって結果が変わります。

 

カードローンは銀行系がいい?

一般的に銀行系カードローンは審査基準が高いと言われています。

その代わりに金利や上限金額などは非常に優遇されているため、契約することさえ出来れば非常に快適な環境で利用することが出来ます。

借りやすさだけを重視して銀行系では無く消費者金融系を利用してしまうと、契約できる可能性こそ高まるものの契約後に大きな後悔に繋がる可能性もあります。

銀行系での契約が難しいと言うことならば致し方ありませんが、仮にどちらの選択肢も選べるような状況であれば銀行系を選んだ方が賢明と言えます。

三井住友銀行カードローンの場合、最大でも14.5%と言う金利で利用出来るので、消費者金融と比べて3%以上違いが出てきます。