お金を借りる

消費者金融からお金を借りるには!?審査で気をつけたい5つの条件

消費者金融はお金を借りやすいと言われていますが、誰でも借りられるわけではありません。

審査で注意したいポイントには、借入額を大きくしすぎないこと、総量規制の範囲内で借りること、他社の借入件数を2件までに抑えること、短期集中的に審査を受けないこと、他社ローンの延滞をしないこと、などが挙げられます。

当然ながら借入額を大きくするほど、お金を借りることは難しくなります。

キャッシングなどの多目的ローンに限ったことではありませんが、ローンというのは高額融資に対応したものほど審査が厳格になるでしょう。

自動車ローンより高額の借入となる住宅ローンは、審査もより厳格になっています。

消費者金融から借りるときも、無理な借入はしないように注意する必要があります。

借りられるだけ利用枠を増やそうと考えている方は、審査に落ちやすいので注意してください。

 

借入金額の上限?

消費者金融のローンには総量規制が適用となり、借入できる上限は年収の3分の1以内となります。

他の消費者金融からの借入も含まれるので、すべて合計して年収の3分の1以内になるように調整します。

例えば年収300万円ならば借入上限は100万円になるので、現時点で100万円を借りているなら銀行や信金などのローンを選ぶ必要があるでしょう。

ただし、例外としておまとめ・ビジネスなどの目的ローンを利用する場合は、総量規制の対象外になることもありますから、事前に確認をしておきましょう。

多目的ローンの場合は、総量規制の範囲を超えて借りることはできず、これが銀行のキャッシングと異なるところです。

他社の借入が多い方も、新しい業者でお金を借りることができない場合が多いです。

 

借入件数にも上限ってあるの?

借入件数に関しては、貸金業法が改正されてから特に厳しくなりました。

昔は10件から借りている方も普通にいましたが、今は3件が限度と考えましょう。

現時点において借入先が3件あれば、新しい業者でお金を借りるのは厳しいと言えます。

借入先は少ないほどよいので、ベストなのは0件です。

ただし、中年や高年の方が初めてキャッシングを利用する場合は、審査が厳しくなる可能性があります。

キャッシングの利用実績があったほうが、業者としても過去の利用履歴を閲覧し、健全な利用者かどうか判断しやすいわけです。

キャッシングの多くは20歳以上から契約できるので、若いうちに契約をして履歴を作っておきましょう。

 

申込ブラック?

審査は短期間に集中的に受けると、申込ブラックとみなされる可能性があります。

申込ブラックにならないためには、1件ずつ申し込みをすることです。

5件に一括で申し込みすれば、1件くらい借入できるという考えは好ましくありません。

何より審査というのは、後になるほど通過できる確率は低くなっていくのです。

1件目でダメだと、2件目以降はもっと借入できない可能性が大きくなりますから、やはり一発勝負という気持ちで審査に挑戦するべきなのです。

希望額をなるべく少なくして、審査に通過しやすい状態にしていきましょう。

 

ローンの延滞も気を付けよう

他社ローンの延滞がある場合は、個人信用情報に登録されている可能性があります。

一般的に3ヶ月の延滞をすれば、審査に通らなくなると言われています。

ブラックリストに登録されるのは債務整理をした場合だけと考えている方が多いですが、長期の遅延をした場合も登録されます。

過去に遅延の履歴がある方も、要注意とみなされるので融資を受けるのは難しいでしょう。

キャッシングはたった1日の延滞が信用を大きく落とすことにつながります。

延滞を頻繁に繰り返していると、追加融資枠を凍結される可能性もあるので注意してください。

延滞をしないためには、借りすぎないことが何よりも大切です。

うっかり忘れで遅れる方は意外と少なく、延滞の多くは返済金を用意できないことで起こります。