お金を借りる

銀行からお金を借りるならココに注意!審査基準は高めだが金利は・・・

24時間365日、コンビニなどの提携ATMを利用すればいつでも現金を手に入れることのできる銀行のカードローン。

気軽にお金を借りる方法として、多くの人の人気を集めています。

ただしこのカードローンでお金を借りるためには、銀行の審査に合格しなければいけません。

確実に審査に合格するためには、自分の収入や勤務状況などに見合った銀行を選択することも重要です。

金融機関の審査において、銀行に比べると消費者金融の方が一般的には借入がしやすいと言われています。

キャッシングの代名詞的な存在で、テレビコマーシャルも頻繁に流れていますから、カードローンに詳しくない人でも大手消費者金融の名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。

 

消費者金融と銀行でお金を借りる際のメリットとデメリット

消費者金融の魅力は申し込みのしやすさや、全体的に利便性が高いところです。

審査から契約に至るまでのスピードも速く、無人の契約機も全国各地に展開していますので、お金を借りる側にとっては非常に使いやすくなっています。

一方、その反対にデメリットも存在します。

消費者金融のデメリットは金利が高いところです。

小口の融資でも長期間にわたって受け続けていれば、金利の総支払額だけでもかなりの額になってしまいます。

低金利のカードローンを利用したいのであれば、銀行からがもっとも適しています。高い資本力が背景にあるので、借り入れ限度額が高額設定なのも魅力です。

ただしこのような条件のいいところでお金を借りるとなると、当然ながら審査基準は高くなります。

収入、勤務先、勤続年数、居住形態など、さまざまな面で条件が整っていなければ、希望どおりの結果にはならないでしょう。

このように消費者金融と銀行、どちらにもメリットとデメリットがありますが、じつはこの双方の金融機関のいいところを採用した、いわばハイブリッドの金融機関も存在します。

 

ハイブリットの金融機関とは?銀行からお金を借りるのとほぼ同じ?

それは銀行系消費者金融と呼ばれるものです。

銀行系消費者金融とは、大手銀行の金融グループに所属する消費者金融のことで、消費者金融ではありますが、銀行の高い資本力がバックについているので、借り入れ限度額も高額になっていることが多いのが特徴です。

サービスに関しては消費者金融の特徴でもある高い利便性が確立されており、消費者金融専業の会社のサービスと比べても、全く劣ることはありません。

さらに金利の面でも銀行系消費者金融は優れています。

銀行などと比べると金利は若干高めになりますが、消費者金融専業の会社に比べると低金利の会社もたくさんあります。

審査に関しては消費者金融専業よりも基準が高めになりがちですが、銀行よりは緩やかな基準です。

つまり消費者金融よりも低金利で、銀行よりも審査が緩い、身の丈に合った金融機関が銀行系消費者金融というものなのです。

このようなハイブリッドな魅力にあふれた銀行系消費者金融のカードローンですが、多少注意が必要なところもあります。

 

銀行系消費者金融での注意点

まず銀行という文字がついているので間違えやすいのですが、あくまでも銀行が出資している消費者金融ですので、貸金業法の定めにある総量規制の対象となります。

ですから年収の3分の1を超える借入れをすることはできません。

また銀行なら収入のない専業主婦でもカードローンを利用することができますが、消費者金融ですので専業主婦は利用不可能になります。

以上に挙げた注意点をクリアできるのであれば、銀行系消費者金融には非常に大きなメリットがあります。

消費者金融で借りるのはちょっと心配だけど、銀行で借りるのは審査に合格するかどうか不安という人であれば、利用を検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

会社としての信用度も高いので、カードローンの利用に不安を感じる初心者の人が利用する場合でも安心です。