お金を借りる

即日融資で無審査をうたうキャッシングでお金借りるのは要注意!

 

日々の暮らしの中で思いがけずお金が不足してしまうことも多いものです。

もしも財布の中身や銀行の預金残高を支出しても必要な差額が埋まらない時には、思い切って銀行や消費者金融を使ってお金を借りることを選択すると便利かつスピーディーに融資金を得ることが可能です。

とりわけキャッシングは最短だと申請したその日に即日融資を得ることが可能ですので、大切なお金の支払い期限が当日や翌日に差し迫っている時でも臨機応変に調達することができるでしょう。

しかし中には無審査をうたう中小消費者金融・貸金業者が存在するので、その危険性についてもご紹介していきたいと思います。

▼大手だから安心!お金を借りられるカードローン社はここだ!▼

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

 

無審査でお金を借りられる?

キャッシングを利用する際、基本的にどの業者でも審査はあります。

 

無審査で借り入れをしたい場合、非常にグレーなやり方ではありますが、クレジットカードの現金化という方法があります。

 

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入した後、特定の業者がその商品を買い取ってくれる、というものです。

 

但し、購入した商品の価格よりも買い取り価格が安値になるケースがほとんどで、また、クレジットカードのショッピング枠の残高がある場合のみ活用できる手段です。

 

この方法であれば無審査でお金を手にすることが出来ますが、デメリットも非常に多い手段となっています。

 

●クレジットカード現金化のデメリット

 

1.古物営業の許可を取得していない業者を使うとトラブルに発展しやすい

⇒事前に言われていた買い取り価格よりも大幅に値段を下げられたり、まっとうな消費者金融業者からは融資を受けられない人と判断をされ、闇金や街金の業者に個人情報を流される可能性があります。

 

2.クレジットカードが利用停止になる

各クレジットカード会社は、クレジットカードによる現金化を推奨していません。

現金化のためにクレジットカードでの商品購入をしているとバレた場合、カードの支払いが困難になることを危惧され、最悪クレジットカードの利用が出来なくなります。

 

3.クレジットカードが利用不可になった場合、信用情報に傷が付き、数年間金融機関からの融資を受けられなくなる

クレジットカードの返済が滞ったり、利用不可になると、各金融業者で共有している信用情報に傷が付き、部落リストに登録をされ、完済後5年間は、一切の融資を受けられなくなります。

 

このようにクレジットカードの現金化は非常にリスクがあります。

無審査を謳う貸金業者に注意!

また、無審査を謳う闇金・街金業者も多く存在し、この業者の利用も非常にリスクが高く危険です。

 

大手消費者金融業者・銀行で申込みをしても審査が通らないのであれば、審査が通る業者で借り入れをしてしまった方がいいと感じてしまうかもしれませんが、審査の無い業者から安易に借り入れをしてしまうと、法外な利息を付けられ、毎月利息分の返済をするだけで限界となってしまい、元金の返済がいつまで経っても終わらない・・・ということもあります。

 

大手の消費者金融業者や銀行のカードローンは、無担保で融資を行っていますが、闇金・街金業者は無審査の代わりに土地や車などの資産を担保に入れるよう言ってくる場合もあります。

 

融資額が少なければ多少利息が高くても平気・・・

 

と誤解して借り入れをしてしまう方が多いのですが、それこそ高利貸しの業者の思うツボで、少額融資であっても法外な利息であることと、そもそも無審査のキャッシングを申込む人は、審査ありの業者では融資を受けられない返済能力が低い人たちなので、スムーズに返済が出来ず、少額融資であっても利息が膨れ上がり元金の何倍・何十倍になってしまい、最終的に大切な資産を取られてしまう危険性もあるのです。

 

一般的なお金を借りるまでの審査時間は?

ここでは無審査系のキャッシングに対して、普通にお金を借りるとどのような手順を踏むのかを比較としてご紹介します。

このキャッシングは比較的な少額な融資サービスのことを指します。数万円から数十万円といったレベルの少額融資に限って、ごく簡単な基準を満たしているかどうかを確認するだけで融資の可否を判断してもらうことが可能です。

しかしそうはいっても、銀行や消費者金融におけるキャッシングの審査においては30分から60分間ほどかけての審査が行われることが一般的です。

普通にお金を借りる場合の審査はどんなことがみられるの?

そこではまず申請内容に虚偽や抜けがないかをしっかりと確認した上で今度は信用情報機関への照会を通じて過去の借入履歴に問題がなかったかをチェック。

その上で貸金業法に即した借入の場合には総量規制に抵触していないかどうかを確認することも大切です。

この時点でもしも過去に返済の遅れや自己破産などの記録があれば、ブラック情報として判断されて新たな融資が困難となります。

また、すでに現時点で年収の3分の1を超える融資を手にしている人は、それ以上を貸金業者から借りると総量規制に抵触することになりますので、融資が不可能となってしまいます。

一般的には勤務先にも在籍確認の電話がある!?

さらに勤務先への在籍確認も重要な審査事項の一つ。

申請時に記載した勤務先に直接電話をかけ、本当に本人がそこに勤務しているのかどうかを確かめます。

その確証が得られたならばその時点で審査は合格となり、数時間以内にはお金借りることが可能となります。

無審査でお金を借りることに対する危険性とは?

このように銀行や消費者金融において即日中に融資を受けるのは一般的によく見られることです。ただしそれを得るためには然るべき審査が不可欠で、もしも無審査をうたうキャッシング業者やサービスがあったならばその場合には注意した方が良いかもしれません。

というのも無審査をうたう業者の中には一般的な業者ではなく、法外な利息にて融資を行う闇金である可能性が高いからです。

この場合、返済不能に陥って暴力的な取立てが行われたり、自己破産に陥ったり、闇金業者から代わりに違法行為を強要されることもあるでしょう。

こう言ったケースに陥って人生を破滅させないためにも、この条件に該当する業者は要注意と言えるでしょう。

▼無審査ではない!安心してお金を借りられるカードローン社はここだ!▼

詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら