お金を借りる

おすすめ

初めてお金を借りるならどんな所から借りるのがおすすめですか?

初めてお金借りるのであれば、低金利で借りられる金融機関がおすすめです。

 
どこか迷っている方の多くは消費者金融を選びますが、銀行や信用金庫はもっと低金利で貸してくれます。
借入先が複数になる場合は、審査に通過しやすい消費者金融を選ぶのも手でしょうが、初めてお金借りるなら銀行でも融資してくれる可能性が高いです

 

銀行は審査に通りにくいと言われていますが、今は消費者金融とあまり変わりません。
昔は審査のハードルに大きな差がありましたが、今は消費者金融からお金借りる難易度が上がったことで、銀行との差は小さくなっています。

 

金利はどのくらいが適正?

初めてお金借りる方にとっては、数%の金利の差は重視しないかもしれません。
初回の融資は少額からスタートするので、金利があまり利息に影響しないのです。

 

しかし、今後に追加融資を受けて借入総額が大きくなってくれば、次第に金利の差を実感するようになります。
借りる金額が1万円と100万円では、同金利だとすれば利息は100倍も変わってきます。

 

高額の借入になるほど、金利の影響を大きく受けるようになるのです。
だからこそ低金利の金融機関で借りる必要があるわけですが、銀行ならどこも低金利というわけでもありません。
数ある金融機関の中でも、銀行ほど金利差の大きいところはないのです

 

銀行によっては上限金利を消費者金融並みの18.0%に設定しているところもありますし、12.0%未満で貸し出しているところもあります。
5%以上も金利が違ってくると、借入が数十万円ともなれば非常に大きな利息の差となってきます。

 

なぜ銀行がおすすめなの?

初めての方に銀行をおすすめする理由には、安全性が高いことも挙げられます

 

消費者金融を名乗っている悪徳業者は多いですが、銀行名を使用することはまずありません。
銀行名に似せた名称になっている業者はありますが、存在する銀行名をそのまま名乗っている悪徳業者はほとんどいないのです。

 

また銀行はWEBサイトを持っていることがほとんどであり、WEBサイトで健全かどうか調べられるメリットも大きいです。 消費者金融や街金の中には、WEBサイトを持っていないところも多いです。

 

悪徳業者の場合は正規のサイトを持たず、ダイレクトメールや電話などで勧誘してきます。
安全にお金借りる鉄則は、WEBサイトを所有する金融機関のローンを利用することです

 

勧誘してきた業者から借りることはせず、自分で借入先をランキングサイトや公式サイトで調べてから選んでいきましょう。

 

金利はどこを見て比較するの?

初めて借りる方は15.0%よりも低い金利で借りるようにしましょう

 

銀行以外では信用金庫や農協のローンなども低金利であり、12.0%を下回る金利で融資しているところもあります。
金利を調べる上で大切なのは、金利の上限に着目することなのです

 

キャッシングなどの多目的ローンは、5.0%~14.5%というように下限と上限の金利を設定しているでしょう。
初めて借りいる場合は下限金利が設定される可能性はゼロに等しいので、上限金利が適用されると考えておくのがよいです。

 

金利を比較するときは下限金利に惑わされることなく、上限金利で比較するようにしましょう
5.0%~14.5%のローンなら、決して14.5%を超えた金利になることはないのです。 融資限度額はどの金融機関も300万円以上は設定していることが多いので、不足に感じることはないでしょう。

限度額はどのくらいまで必要?

限度額が300万円でも500万円でも、借り手にとってほとんど影響しないことです
多目的ローンは一つの金融機関で数百万円の借入をすることは難しいため、300万円に対応していれば十分と言えます。
最近では1,000万円まで対応する銀行も登場していますが、ほとんどの方にとって関係のないことでしょう。

続きを読む